発音記号アドインの改良に向けて

本文上広告1



発音記号アドインの改良

以前、リリースした発音記号アドインを改良したいとかんがえております。

Phonetic Addin リリース Word, Excel, PowerPointで発音記号の簡単な入力できます。 Word, E...

そのなかで、『バージョンアップ・メンテナンス予定 (自分用メモ)』として、

Phonetic Screen Keyboard

  • 内部コード見直しとメンテ性アップ(テストコード追加)
  • キー配列編集・ユーザ定義追加機能 (様々な文字でのスクリーンキーボードを簡単に作成可能になります。楔形文字でも、梵字でも。)
  • 日本語、ロシア語、注音符号(bopomofo)追加
  • 右・中クリック対応
  • シフトボタン手抜きして、チェックボックスで作成した部分 (Alt,Ctrl等も)
  • タッチスクリーンのタッチ検知の可否調査 ⇒ MouseUp,MouseDown,Clickはタッチスクリーンのタッチでも検出できるようです。こちらこちらからの判断です。一度、タッチスクリーンあれば、テストしたいのですが、手持ちになく。。
  • 六角キー

右クリック等で辞書検索
ルビ機能の調査,IMM,TSFの導入検討 (TJC対応)
ピンイン1234を声調記号に置換
キーフックの有効的な利用 (2種のKeyHock調査)
Unicode Scalar Table (Windows標準の文字コード表のような機能)
全体 Word/Excel/PowerPointのリボンを共通のリボンから作成したい (リファクタリング)

優先的に改善する項目

とりあえず、ここら辺は真っ先に取り組んでいく部分かと思っています。

  • 内部コード見直しとメンテ性アップ(テストコード追加) (2019/03/06 修正中)
  • キー配列編集・ユーザ定義追加機能
  • 右・中クリック対応
  • 日本語、ロシア語、注音符号(bopomofo)追加
  • シフトボタン手抜きして、チェックボックスで作成した部分
  • タッチスクリーン → Leapmotion対応 (Leapのほうが安いし、面白そう。)

内部コードはだいぶ修正しています。1000行程度削っています。関数・クラス化して、だいぶ見やすくなりました。動きが悪かった部分も治りつつあります。(2019/03/06)

次のよう形も追加中。というか、前から内部にはあったけど、表に出せるようになった。形は切り替え可能。(2019/03/06)

シフトキーはそのままで、ON状態を分かりやすくするように色付け。

言語別のキー配列と発音記号(IPA)

言語を他にも追加したいと考えています。

  • 旅行で行って楽しそうな外国順
  • 人気のある第二外国語
  • 自分がやって楽しそうな外国語

旅行で行って楽しそうな外国

やっぱりテンションの上がる国がいいですよね。旅行で行って楽しそうな外国はこちらを参照。

  • イタリア
  • スペイン
  • オーストラリア
  • アメリカ
  • スイス
  • イスラエル
  • イギリス
  • チェコ
  • マルタ
  • クロアチア

人気のある第二外国語

人気のある第二外国語はここを参照。

  • 中国語
  • スペイン語
  • フランス語
  • 韓国語
  • イタリア語
  • ドイツ語
  • ロシア語
  • インドネシア語
  • ポルトガル語
  • マレー語
  • タイ語

自分個人で楽しそうなキーボード

個人的に習ったor興味のあるキーボード配列等です。

その他

あとは、ユーザが編集できるようになっていれば、それを皆で共有したりすれば、マイナーな言語の発音記号もカバーできそうな気がします。

東京外国語大学言語モジュールが大変勉強になる。参考にしたいと思います。

そうなってくると次は…

アイデアレベルで思い付きで書いてます。

単語帳のようなものがつくりたいなぁともなるのですが、これは著作権とかの問題がおおきくなってくるので、ちょっと注意が必要。

パブリックドメインの辞書・CCBYなんとかの辞書・著作権の切れたような辞書・転載とかが問題にならない辞書などあれば、使いやすいなぁとかおいます。

今やってる、NFCの方を片付けて次はこちらにシフトしたい。そっちも楽しいんですが、本業でこっちに時間を割きにくい。。。いろいろ夢想が広がります。

がんばろ。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする