アドイン開発

スポンサーリンク

はじめは、Officeのアドイン開発手法だけを公開していく予定でしたが、Officeとスマホの連携等も考えてAndroidアプリの開発も行っていきたい思います。

スポンサーリンク

Office用のアドイン開発

Office用のアドイン開発をメインに開発方法を説明していきます。

開発手法の種類について

VBA,VSTO,Office,XLLがありますので、詳細については以下をご参考ください。

メインでVSTOで開発していましたが、Officeアドインでの開発に順次切り替えて行きます。個人的には茨の道感が。。(2021/09/30)

開発者さんたち

先人の知恵を参考にしながら、開発を進めております。

Officeアドインでのアドイン開発について

作成していきながら、記事も公開して、最終的には作品を公開していけたらと思います。

Officeアドインの作り方 ー その5. ScriptLabでOffice Javascript API の使い方を知る
Office JavaScript APIの使い方をScript Labで調べる方法について、Script Labのインストール・使ってみる・自分の調べたいコードで実際に行ってみます。

VSTOでのアドイン開発について

私が書いた記事です、参考になれば幸いです。

  • VSTO-Outlook 開発手順 その1

この手順で行けばだいたいいけるかと

  • VSTO-Outlook 開発手順 その2

OutlookアドインのVSTOによる開発で迷った部分の説明

  • VSTO-Excel 開発手順

ExcelアドインのVSTOの開発手順・Excelのアドイン開発らしく選択したセルを表示できるようにしてます。

  • VSTO-PowerPoint 開発手順 + ユーザコントロール追加

PowerPointアドインのVSTOの開発手順・PowerPointのアドイン開発で、ユーザコントロールを追加できるようにしています。ユーザコントロール自体は、Excel,Word,Outlookでも活用可能なので、どんどん使っていきたいと思っています。(うざくならない程度で)

  • Wixでのアドインインストーラ作成-実践編 )

作ったら公開です。一人でこっそり持ってても意味ありません。(自分に言い聞かせる)

  • 開発中にアドインがクラッシュした場合、アドインが無効化されてこまります。そんな時の対象方法です。参照してください。
  • VSTO xmlリボンについて(デザイナを使用しない方)

VSTO プラットフォーム自体の方向性

一応、VSTO自体は .NET Core /.NET 5 +には対応しない。と今のところは明記しておられます。以下のリンクの一番初めの「重要」部分を参照。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/vsto/getting-started-programming-vsto-add-ins?view=vs-2019

Win11と .Net Framework 4.8のサポート継続性がどれくらいかはまだまだ分からない状況ですね。。(2021/07/15)

タイトルとURLをコピーしました