きれいなグラフの作り方について その1

本文上広告1



きれいなグラフ・見やすいグラフについて

以前から疑問に思っていたのですが、

  • きれいなグラフ・見やすいグラフとは一体どういうものなのか?
  • 自分の作るグラフとは何が違うのか?どう違うのか?
  • エクセルのグラフでは同様に工夫すればよいのか?
  • きれいなグラフ・見やすいグラフのチェックポイントはないのか?

といった疑問を持っていました。もちろんテーマ・結果が出た後の話にもなるかと思うのですが、書き方を事前にしっておけば、いざというときに、提示しやすいですし、説明もはかどります。もちろん、見る方も見やすい方がより良いです。

今のところ一番役に立つのは

見やすい表とグラフについて紹介されている、「伝わるデザイン」さんの表とグラフのページが一番わかりやすかったです。

表もひと工夫してから使う。

線を減らし、行間を拡げる。 色分け(ストライプ)にする。
「伝わるデザイン」より

エクセルの色分けの場合、

グラフ

Excelのグラフは必ず編集してから使う。

学会発表などで使い勝手がいいように改善します。

項目 チェックポイント
フォント 欧文フォントを使用
目盛 3~5程度で充分
マーカ 枠線と塗の色は統一 or どちらかをなし
プレゼン資料のテーマカラーと同じ色を使う
凡例 必ず入れる。ただし、図の中に同じ色で直接書き込んでも可
軸名 必ず入れる。

「伝わるデザイン」より

その他、棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、2軸データ等でも同様のチェックポイントが使用できます。
また最後の方には、Adobeのイラストレーターを使うなんていう技も紹介されています。

上記のようなチェックポイントを行おうとすると、以下のような機能で実行可能です。

グラフを作成後、Excelの標準機能で、デザインタブ-> スタイル

デザインタブ -> 色の変更ボタン -> 色のスタイルを変更できます。

その他1

もっと学会発表のような場合だけでなく、社内・社外でのプレゼンに用いるような場合には、どのようにきれいなグラフ・見やすいグラフを作成すればよいかは今後、調べていきたいと思います。

その他2

エクセル以外のツール(サービス・ソフト)を使うことで、勉強になる部分も多々あるかもと思っています。

まとめ

「伝わるデザイン」さん以外には、まだまだパーフェクトにこれ!といったものは見当たりませんが、もっと勉強して綺麗な見やすいグラフを作成したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする