Visioについて

本文上広告1



Visioのイメージ

私が十数年前に会社の研修で初めてさわったcadソフトがvisioでした。cad図や、フローチャート等の図をきれいに描けるソフトというイメージでした。それ以来、全く見たこともなく触ったこともありません。仕事でメカ系の人がさわってるのは、古いcadamでしたし、とっつきにくいイメージしかなかったです。
最近になって、officeのアドイン開発について、調べているときにvisioのアドイン開発もあるなぁと眺めていた程度です。

Visio関係画像

改めてVisioのセールスポイントをながめる

Visio紹介のページより

  • cad図があつかえる。
  • cad図のテンプレートがある。
  • cad図の上にそのままライブのデータを表示できる。

cad図を作成できるところまでしかしりませんでした。三番目は確かにoffice製品特徴であるvbaやvstoの技術を使えば問題なくできますね。VSTOのVisioソリューション参考。

他にメリットあげるとしたら、

その他の機能としては、このページが参考になります。プランにより機能が変わる場合もありまので、少し注意は必要です。購入の際はご確認を。

cadソフトのライセンス

企業で使われているなかで、最も普及しているcadソフトのライセンスをみてみましょう。2016年のアンケートでは、AutoCADが最も使用されているようです。

AutoCAD LTでも、5人単位からで5万円~と、比較的割高。サブスクライブ版でも1ケ月7560円(2018年4月調べ)とかなり割高。データの共有・閲覧だけなら、CADソフト ⇒ DWG, DXFに変換して、Visioで閲覧がよいかと思われます。VisioだとOnline1で540円/月 Visio Standard 2016で40,824円(2018年4月調べ)なので、選び方次第では割安です。あと、Visio形式に変換しておけば、無料のVisio Viewerも使えますし、iPhone,iPadでも閲覧可能です。

まとめ

使い分けでかなりお得になりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする