カスタマーバーコード(日本郵便用)の作り方 C#

QRコード・バーコード
スポンサーリンク

「カスタマーバーコードを作成できること」みたいな要件・仕様を持つソフトウェアがたまにあって、それに引きずられてOffice / Accessがインストールされていることが必須条件としてあります。

理由としてはAccessを使用するとカスタマーバーコードが作成できるからです。それ以外の用途としてはAccessが必要ないにもかかわらず、Officeという大きい括りが必要条件になるなんて。。

ソフトウェア購入する側・作成する側としては、Access必要な要件が意外にうっとうしかったりするんですよね。結構自由になるプロジェクトが色々と世の中にはある気がするんですよ。。

で、今回は作成する側で引っかかったのですが、調べていたら日本郵政さんがアルゴリズムを公開して下さっていました。

スポンサーリンク

アルゴリズム

日本郵政さんがアルゴリズム・作り方を公開されているので、C#のクラス作っちゃおうかなとか思ったりします。

郵便番号・バーコードマニュアル バーコードに必要な文字情報の抜き出し法 | 日本郵便株式会社

作成したらこちらでチェックも可能ですし。

料金受取人払郵便物用 カスタマバーコード作成 - 日本郵便
あらかじめ事業所の承認を受け、所定の表示をした封筒やはがきを配布します。
バーコード作成ファイルダウンロード - 日本郵便
バーコード作成ファイルダウンロード

郵便番号・データ

他にも郵便番号のデータ等も取り揃えておられて、色々と使えそうな気配がしてきます。

郵便番号データダウンロード - 日本郵便
各種郵便番号データのダウンロードはこちらからどうぞ。

フリーのClassライブラリ・有料DLL

他にも色々あるのかもしれませんが、無料クラスは今回見つけたもの、また有料DLLは以前から知っていたものです。

フリーのClassライブラリ [C# MITライセンス]

使うとしたらこのクラスライブラリかな。。自分でテストコード書いてみたいな感じですね。2015年に書かれたみたいなので、まぁ今後も放置されている感じかと。

GitHub - cssho/ZipConvertCustomerBarCode: 郵便番号、住所から郵便物用のカスタマバーコードを生成する
郵便番号、住所から郵便物用のカスタマバーコードを生成する. Contribute to cssho/ZipConvertCustomerBarCode development by creating an account on GitHub.

フリーのClassライブラリ[C# /VB.NET使用]

郵便バーコード取得クラス【C#.NET】ソース公開!|SENSHIN【専心】
郵便バーコードの文字列取得クラス【C#.NET】のソースを公開!バーコード作る前の住所から文字情報を生成するロジックを無料公開します! 住所の重複チェックやまるめ処理にも利用ができ、利用用途も広がります。

有料DLLの場合

前から何か必要があれば使おうかなと思っていたDLL。

開発ツールで郵便カスタマバーコード作成
郵便カスタマバーコード作成ソフト YuBar Ver4.0はバーコードフォントとDLLを利用して郵便カスタマバーコードを作成します。

もっと意識が高くなったら…

自分で作成したクラス・テストコードの出来が良かったら、Zxing.netに入れ込んでもらうのもありかなとか思ったりします。プルリクとか言うやつで。。良く考えると日本ローカルのバーコードなので要らんかも。。

タイトルとURLをコピーしました