アプリの収益化について考える

本文上広告1



それはやはり好きですよ

それはそうです。楽しいことをやって、稼げればそれに越したことはないのですから。

でも、現在のところ、VSTOだけではなかなか稼ぐのは難しいのです。請負みたいにしてアプリを開発してもよいのでしょうが、交渉力等で強く出れればよいですが、まぁそういうわけにもいかず。今のところ、すぐにはなかなか思うような稼ぎにはなっていません。ですが少しづつ、少しずつ向上はしては行っています。後は、アイデアと需要との勝負です。

Paypal等での販売も考えていますが、無料であればダウンロードして頂けてますが、まぁなかなかかもしれません。

次はAndroidのアプリで

Androidのアプリでは広告を入れて、配布をしてみたいと思います。そちらの方のインフラも整っているようですし、そのほうが学習のモチベーションも上がるというものです。広告なし版なども作成して、買ってもらってもよいかもしれません。

参考にしているサイト・人

アプリマーケティング研究所さん

収益化の部分もそうですが、テーマの選び方、最近の若い女性のアプリに関する消費行動のようなものまで分析されていて、おもしろいかと思います。

逆に取材を受けられている記事なども興味がわきます。

Interviews with Indie Hackers

友達からこのサイトを紹介しているところを教えてもらいました。いろいろな条件・切り口で、世界の皆さんが稼いでおられます。少しずつですが、読んで、収益化を勉強してみたいと思います。コミュニティを作るなどは面白い切り口だなぁと思いました。

Yappliさん

一つ一つは短い記事を書かれていますが、それぞれの回のテーマにフォーカスされていて参考になります。

参考にしている人

@jabbaさん

先ほどのサイトを紹介されていた方。お仕事がらからか収益化について、考えておられて参考になります。
qiita記事 : 開設後3週間で収益10万円を得た個人開発サイトでやったことの全部を公開する

ジャバ・ザ・ハットリのブログ

サイト・人でフォーカスして、収益化を研究・勉強していくのもおもしろいかと思いました。

toconakis .techさん

サイトで収益も公開されてます。さっき見つけたので追加。

締め

やっぱり、稼げないとね。。そして、儲けたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする