[ワード用] WordでOCRできる無料アドインの使い方 – 「Office-to-OCR for Word」

OCR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなアドインか?

  • 無料でフリーのWord用のアドインです。
  • Wordに貼り付けた画像でOCRが可能です。
  • 外部の画像でもOCR可能です。
  • クリップボードにコピーした画像でもOCR可能です。(Windows標準のSnipping Toolとかで切り取ったPDFもOCR可能です。)
  • 確認した言語では、英語、日本語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、ロシア語でOCR可能。
  • OCR可能な言語としては、上記も含めて129言語程度でOCR可能です。
  • このアドイン(Office to OCR)はApache 2.0ライセンスで配布されている製作物が含まれています。

用途

特に想定はしていませんでしたが、 以下のような用途があるかと思います。

  • 入力作業の効率化
  • 言語学習の効率化
  • 論文執筆・英語論文引用の際の文字入力効率化
  • 文字起こし作業の効率化
  • 保存データの検索効率化

どんな感じで文字認識するか?

Wordに貼り付けた画像をクリック・選択して、OCRを行います。OCRの結果や、経過時間等を”OCR Prompt”と名付けたテキストボックスに表示します。認識した文字等は自由にコピペ可能です。

画像はここからダウンロードしてワードに貼り付けさせて頂きました。

 

ダウンロード

“Office to OCR Addin for Word v 1.0.0.0” をダウンロード Office-to-OCR_Addin_Word_v_1_0_0_0_.zip – 393 回のダウンロード – 5 MB

インストール

インストールは以下のページを参照ください。

 

インストールが完了すると以下のようなタブがWord上に表示されます。

OCRタブで表示されるタブ (English UI)

 

OCRタブで表示されるタブ (English UI->ON/OFFしてください。)

 

検出に向けたヒント・注意事項

ヒント

画像倍率(拡大率)をデフォルトでx2.0に設定しています。これは、画像認識率を大きくするためです。たまに大きすぎて認識が悪くなる場合がありますが、x1.0設定などにしてください。

注意事項

少し長い文章になると、OCRの処理に時間がかかり、本体側(Word)が反応がなくなる場合があります。(非同期処理を用いたので、大丈夫かとおもっていましたが、思惑が外れたようです。解析・改良に時間はかかるかとおもいます。)

適宜しようしながら、適当な範囲でご使用ください。

準備 – OCR学習済みデータのダウンロード

ダウンロード直後は言語選択のLang.のデータがありませんので、ダウンロードを行う必要があります。このように言語を選択できません。(OCRグループ― Lang.の部分)

 

Trained Data (学習済み)をダウンロードします。 Trained Data のブロックのLang.で『英語』等をダウンロードしてください。テストのために、中国語 繁体字、中国語 簡体字、英語、 日本語、韓国語、ロシア語をダウンロードします。

英語の言語名にしたいときは、English UIを試してみてください。

 

Lang.を選択して、”DownLoad”のボタンを押してください。

 

以下のようなメッセージが表示されると、ダウンロードが完了です。

 

学習済みデータのダウンロードが完了すると、以下の様にOCRのグループ側の”Lang.”(言語)が選択可能です。

 

色々とダウンロードしてみました。

ちなみに学習済みデータはここから自動でダウンロードしています。

 

使い方 – Wordに貼り付けた画像をOCRする

  1. “Show OCR Prompt”(OCR パネル表示)のチェックを入れてください。

 

2. 貼り付けられた画像を選択してください(Wordの画像選択機能)。そして、OCRしたい言語を選択し、”Selected Image”ボタンを押すとOCRを開始します。

 

3. “OCR Prompt”パネルに結果が表示されます。そこから必要なテキストをコピーして、適当な部分に選択してください。

 

ちなみに、画像が選択されていない場合は、「Please Select one image object」のようなメッセージがPromptに表示されます。

 

使い方 – クリップボードの画像をOCRする

この機能は、PDFが画像化されており、文字を選択できないような場合に有効です。例えば、このリンクのPDFでは文字を選択できますが、できないものとして説明を行います。

Windows10のSnipping Toolで画面の一部を切り取り、これをコピします。(クリップボードに)

 

Lang.も忘れず選択し、メニューの「From Clipboard」「クリップボードから」をクリックしてください。

 

検出結果は以下のようになりました。実際にOCRしてみてください。

使い方 – 外部の画像を開いてOCRする

いい画像例がみつからなかったので、オバマ大統領の最後の演説のページを画像化しました。ここから画像化。

Lang.を英語で選択し、「From File」「ファイルを開く」をクリックしてください。画像選択画面が開きますので、保存した画像を開いてください。

 

ちょっと長い文でよくばりすぎたようで、時間がかかりました。非同期という内部処理のため、本体(Word)側に影響はないかと思っていたのですが、長い時間処理するような場合は、少しWord側が停止するようです。

下の方にエラーと出ていますが、特に影響はありません。(OCR欄のResultへの書き込みサイズが大きいためにエラーが発生したようです。そのうちこのメッセージを出ないように直しておきます。)

 

使用結果 – 英語・中国語(簡体字と繁体字)・韓国語・ロシア語

英語

このリンクより引用・ダウンロード。

日本語

このリンクより引用・ダウンロード。

ここより引用。

中国語(簡体字・繁体字)

大き過ぎると逆に誤検知するようです。(デフォルトの画像拡大率設定がx2.0になっているため。) ここより引用。

画像拡大率を x1.0に変更すると正しく検知できています。

簡体字は少し同じ設定でも難しいようです。

韓国語

ここより引用。

ロシア語

ここより引用。『ロシア語 画像』で検索。

まとめ

日本語・英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語・ロシア語も含めてOCR可能でした。精度はある程度よく検出できていました。いろいろな画像で試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました